SEO

モバイル ファースト インデックスの方針と注意点をまとめました

Mr.S
Written by Mr.S

Googleが本気になった。知っておきたい基礎知識「モバイルファーストインデックス」

Googleは今年、モバイルファーストに本気です!

モバイルファーストとはすなわち、モバイル(スマートフォンやタブレット)優先のwebページ造りのこと。

とはいえ、コレ自体は近年ずっと言われていた傾向ではあります。
androidやiphoneを始めとしてモバイル端末はPCの普及速度をはるかに上回る勢いで広まっています。
モバイル端末からのwebアクセスは、全体の半数を超えるようになっているのです。

しかし2017年に入り、Googleはモバイルファーストに本格的にシフトしようとしています。
Googleが昨年11月に発表した、Mobile First Index(モバイル ファースト インデックス)の導入アナウンスには、予想を上回る方針が記されていました。

モバイル ファースト インデックスに向けて 
https://webmaster-ja.googleblog.com/2016/11/mobile-first-indexing.html

これによると、今まではGoogleの検索ロボットは、デスクトップ版のページをクロールしていたのを、今後はモバイル版のページをクロールし、評価するようになるということです。

つまりGoogleは
「すべてのwebページはモバイルからのアクセスを意識しなさい。今後はPC用に作られたwebページは一切評価しませんよ」
と言っているのです。

世の中にwebが誕生してから、その中心であったPCブラウザからのビューは、もはや添え物でしか無くなってしまいます。「とうとうそんな時代が来てしまったのか・・・」という感じです。

とはいえ、検索の上位を目指すのならば、Googleの方針に従わないといけません。

良質なwebページとはすなわち、”良質な情報”と”適切なSEO”の2つが揃ったもの

どれほど他に変えがたいオリジナリティを持ったサイトを造り、そこにある情報の価値が高かったとしても、検索した人の目に止まらなかったら、サイトのビュー数は増えることはありません。
また、その情報に近づくために検索した人も検索結果のはるか奥底に眠っているwebページにたどり着く前に、諦めてしまうことがほとんどです。
適切なSEOを行わないのは、web製作者・検索者どちらにとっても不幸でしかなく、だからこそweb製作者はSEOに力を入れる義務があるといえます。

Google、検索者、web製作者の3方が喜ぶwebサイトを造り、またそのように変えないといけませんね。

どこに気をつけてwebページを作るべきか

モバイルビューに対応すること
当然ですね。モバイルからのアクセスの際に表示出来ない、表示がPC版のままでは話になりません。しかし悲しい事に、依然としてモバイル対応していないwebページの数は非常に多いです。

表示される情報はできるだけ同等に
PCページとモバイルページでコンテンツが大きく異なっていたりするのは要注意のようです。

可能な限り同一URLで
かつてモバイルが主流でなかった頃によく見られた方法で、PC用とモバイル用とでURLごと違う場合があります。(~example.com/sp などですね)これは別ページと認識されてしまいますので注意!

表示速度を意識する
一般的に”3秒以内に表示されないと訪問者の半数が離脱してしまう”と言われています。 表示速度はgoogleアナリティクス内の左メニューの「行動」⇒「サイト速度」⇒「サマリー」から確認できます。

アペンディックス(付録)

なお、googleはモバイルファーストに力を入れるためか、こんな評価プログラムを公開しました。
Test how mobile-friendly your site is.
https://testmysite.thinkwithgoogle.com/
(残念ながら日本語には対応していませんが、問題なく理解できると思います。)

URLを入れることで、[MOBILE FRIENDLINESS][MOBILE SPEED][DESKTOP SPEED]の3項目を100点満点で採点してくれます。(恐らく左にあるほど評価の比重は高いのでしょう)

Mobile-Website_02

少なくとも、[MOBILE FRIENDLINESS][MOBILE SPEED]は80点以上を目指したいところですね。
ぜひ試してみて、webサイト改修の指針にしてみてはいかがでしょうか。