2021年度 スマートフォン利用状況アンケート

長引くコロナ禍でおうち時間が増えていることと思います。
そこで活躍するのがスマートフォン。

生活の一部となって久しいスマートフォンですが、コロナ前とコロナ中でのスマートフォンの利用状況が変化しているのか調査しました。

iPhoneとWindowsPCの保有件数は圧倒的に多く、3位のスマートフォン端末(アンドロイド)との差が開いている。
またウェアラブルは広告等での露出は多いものの、実際に保有しているママさんは少ない結果となった。

1日のスマートフォン利用時間

2時間以上、3時間未満のユーザーがボリュームゾーン。
長時間利用しているママさんも多く存在し、短時間しか利用していないママさんは少数派となった。

スマートフォンの利用目的(複数回答可)

SNSの閲覧が利用目的で最も多く、「通話・連絡連絡<情報を取得する手段」としてスマートフォンが位置づけられている。
本アンケートにおいてはゲーム利用を目的としているママさんが少ない結果となった。

コロナ前よりも利用が増えたもの(複数回答可)

「メールを読む・書く」が下位にランクイン。
SNS/動画といった配信コンテンツの需要が高い。
また「特になし」と回答されたママさんの中には「新しく使い始めた物はないが利用時間が増えた」と回答された方も存在した。

利用が増えた理由

外出自粛による在宅時間の増加が大きく影響。
またオンライン化にともない趣味やつながり等、在宅で出来ることが増えたことも要因と考えられる。

コロナ禍で 新しく使い始めたサービスはありますか?